チャイナドレスとアオザイのKOLO
チャイナドレスとアオザイのオーダーメイド。生地は500種類、デザインは60種類がら選択可能。送料無料
チャイナドレスとアオザイ
初めての方へ 当店の特徴 ご注文の流れ お客様の声 チャイナコラム おすすめコーディネイト よくある質問
オーダーメイド
既製品
ギャラリー

中国のお正月(前半)

中国事情コラム

最終更新日:2017年4月4日 

メールマガジンの登録・解除

中国の伝説によると、大昔「年」という凶悪な動物がいたそうです。 「年」は、毎年大晦日になると人を食べに出没しました。ある日、「年」 が来た時、子供たちが鞭を投げていて、「年」はその大きな音を聞いて 慌てて逃げてきました。 そして「年」がまた次の村に行ったとき、今度は、家の門に赤い服が 干してあったのを見て逃げていきました。さらに次の村に行ったとき、 たまたま火があり、その火を見て逃げていきました。それで人々は「年」 は、「大きな音」、「赤」、「火」が、恐いのだということが分かりました。 そんなことから中国のお正月には「爆竹=音」、「春聨=赤」、「火=提灯」 の習慣があるそうです。   ※春聨というのは、赤い張り紙のことですが、中国人はこれを家の入り口に 貼ります。 紙には干支の絵や、福という文字や、男の子や女の子の絵などが書いてあります。

毎年違う日になるお正月  

旧暦を採用している中国やベトナムでは、もうすぐお正月になります。 旧正月のことを、中国では春節、ベトナムではテトといいます。 ※日本でも1872年までは旧暦が採用されていたそうです。 どちらの国にとっても、1年で最大のイベントです。  日本人にとっては不思議なことですが、旧暦の1月1日は毎年変わって 今年は1月22日になりました。 何かの計算で日にちが決まるそうですが、毎年1月下旬から2月中旬の間に あります。

14億人の大移動    

中国人は、お正月は家族と一緒に過ごす人が多いので、お正月の時は 学生や出稼ぎに来ている人、それに旅行に出かける人が加わり中国中で 大移動が起こります。少なくても1人1往復するのであわせて14億人の 大移動とも言われます。日本も昔はそうだったといいますが泥棒、スリ などが多くなります。  

爆竹で遊ぶ子供たち  

もう今の時期になると、子供達が外で毎日爆竹をしています。 ただ、マナーが悪くて、つい先日も自転車に乗っていたところ、 こっちに向けて爆竹を投げられて、びっくりしました。(″ロ゛)  元旦の深夜0時には(日本の正月では除夜の鐘に相当)みんなが いっせいに爆竹と花火をやるので、爆弾が爆発したように、あたり 一帯ものすごい音がします。 (大都市の市街地では禁止されているそうです。) その風景は想像以上で、多くの中国人はアパート暮らしですが、 みんなアパートの窓やベランダから手で花火を持って外にめがけて発射 します。線香花火とかではなくて、打ち上げ花火をあの過密な住宅地帯 でやるので、毎年事故も多いそうです。 0時になる瞬間から0時20分ぐらいまでが一番すごくて、1時ぐらいに なるとだんだん静かになってきますが、誰かがやめたかと思うと、また 誰かがはじめます。3時頃になると、もう誰もやらなくなりますが、朝の 6時頃になると、今度は早起きした人がはじめてうるさくなります。朝早く 起きて外に出てみると、みんな花火をしたまま、帰って寝てしまうので、 すごい数の花火の燃えカスが落ちています。 初め見たときは、このゴミの山をいったい誰が片付けるのだろうと、思って いたところ元日の昼には全くなくてきれいに掃除されていました。住民会で 雇ったアルバイトの掃除の方がきれいに掃除してくれるそうです。 ちなみにこのバイトの方は一年中、いたるところで掃除をしています。 中国に来たばかりの頃、中国人宅(アパート5階)に遊びに行ったとき、 料理に使ったゴミをそのまま、下も見ずに窓から外へ投げ捨てているの をみてびっくりしました。捨てれば、掃除の人が拾ってくれるそうです。 私もよく日本から来たダンボール箱を外に(ゴミ捨て場)捨てますが いつも捨ててから10分もしないうちになくなってしまいます。聞く ところによると古いダンボールでも10円20円ぐらいでどこかに売れる そうです。それぐらいゴミ掃除の人が頻繁に歩いています。

中国にもあるお年玉の習慣  

日本と同じで、中国人文化圏(中国、台湾、香港)にも子供にお年玉を あげる習慣があります。赤い袋に入れて、あげるので、「紅包」と 呼ばれています。日本は18歳でも仕事をしていたらもらえないことが 多いですが、中国の場合、目安としては、未婚の人にあげるそうです。 人によってあげる金額は違うと思いますが、大体100元から200元ぐらいです。 (1元=15円)

毎年恒例の国民(人民)的人気番組    

毎年大晦日の夜には「中央電視台春節晩会」という番組があります。  4時間ぐらいやっていますが、中身はさまざまな内容で、京劇、 雑技、漫才、芝居、歌など、国の面積も歴史も日本とは比較にならない 分スケールも大きいです。NHKの紅白もこれを参考にしたらと思うほど、 芸術性、娯楽性ともに非常にレベルが高いです。ただ最近は日本の紅白 と同じく昔ほど人気がなくなった気がしますが。  中国語の勉強をしている方などで見たい方は、たぶんCSのスカイテレビで 見れると思いますが、毎年、数日後にそのVCDが店で売られています。

コラムの一覧へ戻る

メールマガジンの登録・解除

上記のようなコラムを掲載しているメールマガジンを発行しています。
登録
メールアドレス:
  Powered by Mag2 Logo
 メールマガジン 
  e-mail:
[解除・バックナンバー]