チャイナドレスとアオザイのKOLO
チャイナドレスとアオザイのオーダーメイド。生地は500種類、デザインは60種類がら選択可能。送料無料
チャイナドレスとアオザイ
初めての方へ 当店の特徴 ご注文の流れ お客様の声 チャイナコラム おすすめコーディネイト よくある質問
オーダーメイド
既製品
生地の販売
ギャラリー

中国の自動車事情(2)

中国事情コラム

最終更新日:2017年4月3日 

はじめに

中国では春あたりから、新車の在庫が増えはじめ自動車価格が急 に下落していて、今年は近年で一番の自動車販売不況の年だそうです。 自動車不況といっても全く売れないわけではなく、思ったより売れな かったということなのですが。  最近は中国の車の質もだいぶよくなってきていて、塗装がよくなっ たのか鋼鉄の質がよくなったのか分りませんが、最近の新車は5年 ぐらい前の車と比べると、見た目はあきらかによくなっています。 エンジンなどの中身はどうなのでしょうか。

自動車メーカーの競争

このままだと中国は世界一の自動車消費国になりそうなので、世界中か らいろんなメーカーが集まってきています。トヨタは第一汽車、ホンダ は広州汽車と東風汽車、日産は東風汽車と合弁しています。提携や合弁 など複雑で詳しいことは分りませんが。自動車メーカーは、日本では10社程度しかありませんが、中国は確か 100社ぐらいだと聞いたことがあります。いくら車が売れてもこれだけ 多ければ、利益はなかなかでないのではないでしょうか?同業者の数と 利益というのはかなり関係があるそうなので。

どんな車があるか、いつも街の様子を見ているのですが、最近はもういろんなメーカーのがばらばらです。その中でもよく見かけるのが 本田のアコードとオデッセイ、奇端QQ、北京現代のソナタ、上海VW のパサットとサンタナ2000、日本勢ではマツダやトヨタやスズキもよく 見かけます。この辺では上海GMの車もよく見ますが、車に詳しくない のでよく分りません。

移動でよくバスを使うのですがバスはなぜか韓国の大宇や現代のが多いです。 予想では、上海、江蘇省、浙江省のあたりでは、たぶん地元の強みで上海汽車 (上海GM)が競争に勝ってくると思います。中国では韓国の現代自動車も進出しているのですが、予想外に勝ち組 になりそうな気配で、ソナタという車がかなり売れています。デザイン がよくて、高そうに見えます。 私は日本で現代の車は、ほとんど見たことはないですが、本田のH を少し斜めにしたようなマークです。

サムソンに続き、韓国勢は中国で 成功している企業が多いそうです。どこかの記事に、中国には吉林省の 方に朝鮮族がいるので、言葉の問題がなく事業がやりやすくなっている と書いてありましたが、韓流ブームでイメージもよくなっているので しょうか?  

90年代は中国の自動車シェアで圧倒的に独占していたフォルクスワ ーゲンは、他の車が増えすぎて、もうだいぶシェアを下げています。 中国の昔の車がみんなフォルクスワーゲンだったせいで、私は個人的に フォルクスワーゲンの車を見ると、なんかとても古くさいイメージができてしまいました。5年ぐらい前は、中国のほとんどのタクシーがあまり 質のよくないサンタナだったので。それでも当時はかなりの高額だったと 聞きます。  

中国では一時的に市場を独占しても、将来も優位になるとは限らないかもしれません。特に格安車は安ければ他のメーカーのものを買ってしまうので全く関係ない気がします。本田のアコードは、最近中国でよく 見かける車ですが、このようなどちらかといえば高級車のような車だった らシェアが増えればイメージはよくなるのではないでしょうか。

コラムの一覧へ戻る

メールマガジンの登録・解除

上記のようなコラムを掲載しているメールマガジンを発行しています。
登録
メールアドレス:
  Powered by Mag2 Logo
 メールマガジン 
  e-mail:
[解除・バックナンバー]