チャイナドレスとアオザイのKOLO
チャイナドレスとアオザイのオーダーメイド。生地は500種類、デザインは60種類がら選択可能。送料無料
チャイナドレスとアオザイ
初めての方へ 当店の特徴 ご注文の流れ お客様の声 チャイナコラム おすすめコーディネイト よくある質問
オーダーメイド
既製品
生地の販売
ギャラリー

チャイナドレスのコラム

上海のオーダーメイド事情(長楽路)

最終更新日:2001年12月8日 

はじめに

今回行ったところは上海の花園(ガーデン)ホテルのすぐとなりにある長楽路のチャイナドレス通りのみ行ってきました。上海にはあと1箇所、南京西路にもいくつかチャイナドレス店あるというのは有名なようですが、内容は長楽路とあまり変わらないのでまた機会がありましたら詳しく調べてみます。

値段ですが、中国人に聞いてもらったので外国人料金をいわれているということはないです。長楽路には大体10件弱のチャイナドレス店がありました。生地の値段は1m68元でどこの店もほぼ同じ値段です。上海はどこもm60元台のところばかりなので、ひょっとしたら業者の約束ごとになっているのかもしれません。加工費などはほぼ同じですが、1店のみ桁が違う高さの店がありました。前回調べた香港の有名店である上海灘ぐらいの高い値段で驚いてしまいました。前回香港では店の比較をしましたが、今回店が隣同士に並んでいるので、もし上海でオーダーを考えているなら実際に行って比較したほうが簡単なので技術比較は止めたいと思います。

オーダーの場合には仕立ての技術よりもサイズがあっているかどうかが一番重要なのですが、これは実際着てみないとわかりません。技術比較をしなかった理由は、ほとんどの店では職人は1人ではないからです。オーダーは通常ミシンを使わないので、1着に作業は2日間かかります。もし1人だとすると2日に1着しか売れないことになり店をやっていけるとは思えません。なので、多くの場合には毎回他の職人が作ります。難しいところは同じ店でも他の人がよくても必ずしも仕立てがいいとは限りません。

生地サンプルについては香港では在庫そのものを巻物のように店にびっしりと数百種類も置いてあるのですが、上海でそのようなところはなく、切れ端などを資料にはさんでいるところがほとんどです。恐らく注文が入ってから買ってくると思うのですが、在庫を持たない限り、結構品切れになってしまうことが多いと思います。上海が在庫を持たないのはすぐ近くに生地のメーカーがたくさんあるから直接仕入れることができるからだと思います。香港はこの点近くで買うことはできなくて、上海近辺から買い付けているのでたくさん在庫を持たなければなりません。今回はすべて隣同士にあるということからあまり比較はしていないので、もし上海に旅行にくるときなど参考程度に利用してください。

香港との比較ですが、全般的に生地の種類、仕立てに関しては香港の方がレベルが高いです。でも香港は最低1着4万円ぐらいで、上海は1万5千円あればまあまあのものがつくれるのでその点はいいと思います。1番大切なのはサイズがあっているかどうかです。

短期のために、時間がないという方は、生地をシルク大王(SILK KING)で購入していただき(1m63元、1着分は大体3mから4m)、そのままシルク大王で仕立てるか、長楽路に持っていって仕立ててもらうといいと思います。 シルク大王は上海に店がたくさんあるのですが、外灘よりの南京東路、天平路139号(本店)などが便利です。私はシルク大王とは全く関係ないのですが、たぶんシルク大王が一番生地の種類が多いと思います。

購入の際のポイント

  1. ほとんどすべての店で言えることですが、扱っている生地は香港のように多くはなく期待はずれだと思うので、こだわりのある方なら生地は自分で用意したほうがいいかもしれません。
  2. 海外でオーダーする場合には最後に試着できないとオーダーメイドの意味がないし問題があっても保証は普通しないので、試着まで間に合わない場合には吊るしのドレスを直すことをお勧めします。上海だったら人手がおおいのですぐ直してくれると思います。  
  3. 本場上海でも、デザインは日本のスーパーで見かけるありきたりのものしか置いてないので、珍しいドレスはあまり期待できません。

※レート 1元=15円です。 1万円=670元です。

※半袖ロングとノースリーブロングを作る場合には3m50cmの生地、長袖ロングの場合には4m50cmの生地が必要だそうです。下の仕立て代というのは生地代は含まれていません。

店の比較

老介福   場所 この店だけ上海人民公園の近くです。

コメント 地球の歩き方上海編に大きなスペースをとって生地が豊富な店と書いてあったので行ってきましたが、かなり狭い店(コンビニぐらい)でほとんど目新しい生地はなく期待はずれでした。期待して行く人がいるかもしれないので書いておきます。ただここの店の展示場のような感じで南京路の方には既成服の店があるらしいです。生地の種類はかなり少なくて、どの生地にするか選択肢はありません。天然シルクの生地は置いてありませんでした。ベルベットは30種類ぐらいと化学繊維15種類ぐらいがあります。仕立ては中の下、下の上ぐらいです。生地が少ないので行く価値はあまりないでしょう。

  • 【仕立て代】 180元(ボタン代と裏地代別)、生地1m68元

漢仁服飾  場所 以下はすべて長楽路なので場所は省略します。

  • 【仕立て代】 680元(ボタンや裏地付き)、生地は1着200元。
  • 【納期】 10日間。

霞芳雲裳  

コメント 地球の歩き方上海編に載っていました。アルバム写真のようなものからスタイルを選択して選ぶようになっています。生地はあまり多くはありません。

  • 【仕立て代】 380元(ボタン裏地つき)
  • 【納期】 1週間
  • 【その他】 吊るしのドレス1着 680元から800元、手書き画のドレス880元

辛女尼

 コメント こちらもアルバムのようなものから選ぶようになっています。生地サンプルは化繊や綿、シルクなどあわせて100種類ぐらいありました。

  • 【仕立て代】 400元(ボタンなし)
  • 【納期】 10日間

竹均   

コメント この店は中国でも有名な店です。地球の歩き方上海編でも大きく載っていました。 店舗は上海にもう1つ南京路にあるのですが、直営店ではなく名前を貸してドレスを提供していると言っていました。 

  • 【仕立て代】 450元(ボタン、裏地付き)1着 880元
  • 【その他】 吊るしのドレスは1着550元から800元程度。

瀚芸  

コメント 刺繍のドレスが多かったです。サンプル生地も200種類ぐらいありました。

  • 【仕立て代】 650元から700元(ボタン裏地付き)
  • 【納期】 2週間から3週間
  • 【その他】 刺繍2800元から。

上海人家  

コメント この店は昔の空港の近くの友誼商店の前にもあります。変わった形のドレスがいくつかありました。  

  • 【仕立て代】 350元(ボタン裏地なし)
  • 【その他】 吊るしは680元から780元。

梅木眉

 コメント 女性オーナーはドイツで店をやっていたとかと言っていました。値段はかなり高めです。店頭においてある刺繍が確かにすばらしかったので値段を聞いてみましたが、そのドレスは20万円ぐらいといっていました。仕立て代はいくらだったか忘れてしまいましたがかなり高額だったです。

最後に刺繍についてのコメント(上の店のコメントではありません。)

中国で刺繍をしたいと考えている人もいると思いますが、刺繍は最低2300元(3万5千円ぐらい)から自由に刺繍してくれるそうです。刺繍の難しさで値段が変わってきます。一匹の大きな龍の刺繍は、大体10万円ぐらいだそうです。

 メールマガジン 
  e-mail:
[解除・バックナンバー]