チャイナドレスとアオザイのKOLO
チャイナドレスとアオザイのオーダーメイド。生地は500種類、デザインは60種類がら選択可能。送料無料
チャイナドレスとアオザイ
初めての方へ 当店の特徴 ご注文の流れ お客様の声 チャイナコラム おすすめコーディネイト よくある質問

オーダーメイド
既製品
ギャラリー

チャイナドレスのコラム

日本の小売店への販売

最終更新日:2013年12月13日 

下の記事は2012年10月13日にブログで書いた記事を整理して掲載しております。 

日本の小売店への販売

 たまに書いているのですが、当店では日本の小売店へも卸しています。
※ただし、どこで買えるか書いてしまうとお店間で価格差があったり不都合があるので公開しておりません。

 たぶん現在、シルクのチャイナドレスを、日本の小売店へ卸販売をしている業者は当店以外にないと思います。
 日本のネットで5000円ぐらいでシルクのチャイナドレスを販売しているお店がありますが、これは大部分が偽物です。(プロは写真を見ただけで本物か偽物か分かるのですが)。もしこれが本物なら、日本の小売り店はみんなそこで買うはずですが、現実にそこで買っているお店は存在しません。私たちは1着7000円ぐらいで卸売りをしております。

 また製造している立場側の本音を言えば、小売り店への卸販売というのは、副業に近いもので利益的には貢献はしていません。

卸売りをしている理由は

チャイナドレスに関して、年々製造が難しくなっているから

  • 生地屋の廃業が相次いでいる。
  • 職人が減っている。裁縫職人は若い人から敬遠される。
  • 人件費が高騰している。
  • チャイナボタンやパイピングなども手に入らなくなっている。
  • 日本の小売店は景気が悪い。
  • たぶん来年か再来年、円安になる。

 など悪材料はたくさんあります。

 今もし売らないとするなら、売れる時はないだろうと思っています。物理的、経済的環境の悪化でチャイナドレスを作っているような状況ではなくなっていると思います。数年後はチャイナドレスの商品自体も相当悪化していることが予想できます。品質が悪くなっているのに30%から50%値上がりすることが考えられます。人件費の高騰や人民元高の流れは絶対に止まりません。安い時にも買わなかった小売り店が、高くなってから買うというのは100%ない思います。それなら安いうちにできるだけ営業してみて、興味を示していただけない場合には諦めるという方法が現実的だと思います。

 卸売りに関しては、私たちは2000年から12年間値上げをしていなかったのですが、今年から毎年5%から10%づつ値上げをする予定です。
※2013年年末の現在、卸売販売は2年前と比べ約20%値上げをしました。
 日本のチャイナドレス店のピークは2001年ぐらいで、それ以降は撤退が相次いでいて現在まともに営業しているお店は10店もないぐらいになってしまいました。
 特に私たちが撤退した後は、中国から直接輸入しているコスプレのお店しかなくなってしまいます。コスプレがどうして生き残れるかと言えば、コスプレの会社は商品構成の幅が広いので、いくつかの商品がダメになっても、他の商品でカバーできるからです。

規模も考慮する必要があること


 物作りをする場合には、規模が小さすぎると一点あたりのコストが高すぎてしまうことがあります。また生地工場から生地を買う際には、1反買いをする必要があります。1反というと、40m前後です。規模を拡大するためには、薄利多売も考慮しなければなりません。多売というのは既製品しか無理です。

チャイナドレスの印象をよくしたい


 日本で見かけるチャイナドレスは、コスプレ衣装ばかりです。これでは衣装の印象が悪くなってしまうので、私たちの服を置いていただくことによって、コスプレ以外のチャイナドレスもあるのだと思っていただけたら幸いだと思っています。

 例えば5年前の神戸南京町(中華街)では、質の良いチャイナドレスが全くありませんでした。そのため神戸や岡山などの周辺の方は、ドレスを買うところがなく非常に困っていたと何度かお聞きしたことがあります。
 現在は神戸南京町でも質のよいドレスを購入することが可能になっています。

 メールマガジン 
  e-mail:
[解除・バックナンバー]